合祀墓 天成廟(納骨堂


昨今社会構造の変革に伴い、墓地のあり方・考え方にも大きな変化が生じております。今までのように「家」や「累代」を中心とした墓地から、


・維持管理の問題
・継承者の問題
・費用負担の問題


などにより、単独墓地を用意されない方、あるいは今後墓地をお護りできないのではないか、と考えている方も増えております。


しかし、どのように時代が変わろうとも、亡くなられた近親者やご先祖さまを敬う気持ちは少しも変わっておりません。


共同墓地であっても、普通の独立墓地と なんら変わることなく、常に尊厳を失わず 大切な御遺骨を責任をもってご供養する墓地、それが合祀墓・天成廟です。


永代使用料、永代供養料(春・秋の彼岸会、夏の盆施餓会、毎月行われる信行会の際に合同供養)、納骨料、年間管理料は全て料金に含まれています。


施主が健在のうちは、従来の寺墓地の檀家と同じく本堂にて年回法要を日蓮宗の法式により営むことができます。


天成廟の納骨は宗旨、宗派は問いませんが新興宗教、暴力的集団のご利用はご遠慮願います。


・骨壺での納骨

一躰につき二十五万円(三十三回忌以降は合葬)

※骨壺二躰以上の同時納骨の場合は一躰につき二十万円

 


・納骨袋での納骨

一躰につき十八万円(七回忌以降は合葬)

※収骨袋:一袋三千円

 


・墓誌戒名彫刻料:一霊位につき二万円