浄行堂

浄行菩薩をお祀りしています。浄行様のお身体を清水で洗い、祈願することによって病気治癒・煩悩消滅の御利益があるとされています。自身の体の悪いところと同じところを心を込めて願をかけながらタワシでこすりましょう。


〜浄行菩薩とは〜

四大菩薩である上行菩薩、無辺行菩薩、浄行菩薩・安立行菩薩が、仏道を求めるときに立てた四つの誓願を四弘誓願といいます。その四弘誓願の一つに「煩悩無数誓願断」(ぼんのうむしゅせいがんだん)という誓願があります。これは浄行菩薩の誓願で、人間を悩ませる数限りない煩悩を断ち切ることを誓い願っています。浄行菩薩の像を水で洗いタワシでこすり清めることによって、自分自身の煩悩を清めるということとなり、さらに自身の身体の悪いところと同じ部分を清めて祈願をすれば病気治癒の御利益があるとされています。