年間の行事予定



1月元旦 新年初祈願会

 

当山では、元旦に檀信徒一同が参詣し、新年祈願会を開いています。一年間の祈願(家内安全、身体健全、闘病平癒、除厄得幸など)をします。破魔矢、お札、お守り等もお配りしております。祈願会後は一年間の邪気を払い長寿を願いお屠蘇をいただきます。

一般の方の参拝も歓迎しております。

 

 

 

 

2月上旬 稲荷祭

当山は大磯宿商売繁盛の守護神、熊王稲荷を祭っています。2月の信行会は熊王稲荷様に対して日頃のご神恩に感謝し産業が益々発展・興隆するよう祈願する稲荷祭を同時に行います。

 

 

 

 

3月春分の日 9月秋分の日 春・秋季彼岸会法要

苦しみの多いこの世界を「此岸(しがん)」といいます。それに対し、対極にある苦しみを離れた安堵な世界を「彼岸(ひがん)」といいます。お彼岸とは煩悩 を離れて悟りの境地に至ろうとする仏教思想と、日本の伝統的な先祖供養の信仰が結びついて、祖先の霊を供養する行事となりました。

お彼岸の法要は3月の春分の日と9月の秋分の日と年2回ございます。春分の日と秋分の日に彼岸会を行う理由には諸説あります。

春分と秋分は太陽が真東からのぼって真西に沈むところから、そこに浄土があると信じ法要を行う説、昼と夜の長さが等しいことから仏教の中道の思想に合致するので法要を行う説など、諸説あります。

 

 

 

 

4月上旬 降誕会(花まつり)

4月8日はお釈迦様のお誕生日です。4月の信行会では、お釈迦様のお誕生日を お祝いをする、花まつり法要を行います。

お釈迦様が誕生した際に、天から九頭の龍が、甘露の雨を注ぎ、産湯につかわせた、という言い伝えから、花御堂を 飾り、その中に誕生仏を置いて、頭上からで甘茶を注いで拝みます。

この甘茶を飲むと健康増進・開運厄除のご利益があるという言い伝えもあり、法要後は全員で願いを込めながら甘茶をいただきます。

 

 

 

 

7月中旬(東京方面) 8月中旬(湘南方面) 棚経

お盆中は自宅の仏壇の前に精霊棚を設けて、ご先祖さまをお迎えします。僧侶が檀信徒のご自宅に御伺いし、精霊棚の前でお経を唱えることを棚経といいます。東京・川崎・横浜方面は7月中旬、湘南方面は8月中旬に御伺いします。

 

 

 

 

8月16日 盂蘭盆会施餓鬼法要

お盆には、ご先祖様の霊位が年に一度私たちのもとに帰ってくると伝えられています。そのご先祖様に、報恩感謝の供養を捧げる法要が盂蘭盆会施餓鬼法要です。

施餓鬼とは餓鬼道に落ちて苦しんでいる餓鬼のために飲食を施して供養するというものでした。今では餓鬼に限らず先祖代々の霊はもとより、弔う人の無い、無縁の霊、不慮の事故で亡くなった霊を供養します。

 

 

 

 

11月初旬 お会式法要

日蓮聖人のご入滅の忌日(ご命日)である十月十三日に前後して営まれる法要を「お会式」と言います。宗祖大聖人のご命日に合わせて、檀信徒で集まり、報恩感謝の気持ちと共に、お経やお題目を唱え、改めて大聖人の教えを強く心に刻み込むための法要がお会式です。

お会式では境内に塔を模した万灯(まんどう)や、本堂内には桜の造花を飾ります。これは日蓮聖人が亡くなった日、聖人がもたれ掛かった桜の木が季節はずれの花を咲かせたという故事に由来しています。

 

 

信行会

毎月第一日曜日午前10時には信行会がございます。檀信徒が参詣し、住職と一緒にお経を読み解説を聞いたり、仏教の歴史や日蓮聖人についても学びます。 仏典に節をつけた仏教音楽のひとつである「声明(しょうみょう)」の練習などもございます。

お経がまったく解らない方、唱えたことがない方、仏教に興味がある方は是非お越しください。信行会は一般の方にも開放しております。お腹の底から声を出してお経を唱えることは健康にもとてもいいです。

信行会では毎回その月の「身代わりの札」をお配りしています。

信行会のあとはお茶とお菓子のご用意がありますので、是非お越しください。

 

 

 

 

おみがき講・境内清掃

毎月第三土曜日午前9時からはおみがき講・境内清掃がございます。日頃の感謝を込めまして仏具等を磨いたり境内を清掃します。体を動かすことは健康にもつながります。一般の方も是非お越しください。おみがき講のあとはお茶とお菓子のご用意があります。