妙輪寺墓苑

七百年以上の歴史がある妙輪寺の墓苑は平坦な地形で車椅子でも安心してお参りできます。大磯駅から歩いて5分、大磯海岸まで歩いて1分、とても静かな墓苑です。現在、墓苑の空きはわずかとなりましたが新しい檀家様をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妙輪寺墓苑 志納金

一区画 百万円から(永代使用料・墓石・墓石戒名彫刻料・工事費・納骨料・開眼法要込み)

※永代使用料とは、土地を使う権利を永代に渡って取得するための料金のことで、寺院に奉納し永代使用権を得ます。永代使用権とは、永代に渡ってその土地を使用できる権利のことです。その土地を購入するのではなくお寺から「借りる」ということになります。そのため、消費税や贈与税はかかりません。檀信徒は寺院の定めた管理料を毎年収めることにより永代使用権を維持することができます

※妙輪寺墓苑にお墓をお持ちになる場合は妙輪寺の檀家となっていただきます(天成廟、夫婦墓は除く)。

※墓地工事は、特別な理由がないかぎり当寺指定の信頼できる石材店での工事となります。

 

夫婦墓
核家族、少子化、後継者不足などでお墓をもつ事に悩んでいるしかし供養はしたい、お参りも行きたいでも家族や親戚に迷惑をかけたくない・・そんな方に新しいお墓のかたち、それが夫婦墓です。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2名様分 0.54㎡(2尺×3尺)九基限定

~次のようなご夫婦のための夫婦墓です~

跡継ぎがなくても手厚い供養してもらえるお墓に入りたいご夫婦

最初から合同供養墓での合葬はさみしいとお考えのご夫婦

室内の納骨堂より、太陽の光を浴びられる屋外のお墓が良いご夫婦

田舎のお墓の「墓じまい」を考えているご夫婦

静かな墓苑、海が好きなご夫婦

 

♦十三回忌まで永代供養致します(十三回忌後は天成廟で合葬)

♦墓石・管理料・永代供養料・十三回忌以降の天成廟納骨料・工事費・墓石戒名彫刻料・開眼法要込み

♦春・秋彼岸、お盆、お施餓鬼供養込み

 

妙輪寺夫婦墓 志納金

九十万円(墓石・管理料・永代供養料・十三回忌以降の天成廟納骨料・工事費・墓誌戒名彫刻料・開眼法要込み)

※ご夫婦の骨壺が納骨されてから十三回忌までの供養となります。十三回忌以降、お骨は天成廟にて合葬いたします。

※妙輪寺の檀家となる必要はございませんが、妙輪寺檀信徒と同様に妙輪寺福祉サービスを受けることができます(無料の檀信徒用寺ヨガ教室、妙輪寺接骨院の治療費の補助、天成会館使用の割引等)

※過去の宗派は問いません。

※檀家と同じく本堂にて年回法要を日蓮宗の法式により営むことができます。

※一基夫婦二人限定となります。もし夫婦二名のお骨以外に同墓にお骨を納骨をされたい場合は、通常の妙輪寺墓苑でお墓をお求めになってください。

※合葬後のお骨の移動はできません。

※十三回忌後の墓石撤去料も志納金に含まれています。

 

永代供養墓 天成廟
昨今社会構造の変革に伴い、墓地のあり方・考え方にも大きな変化が生じております。今までのように「家」や「累代」を中心とした墓地から、維持管理の問題、継承者の問題、費用負担の問題などにより、単独墓地を用意されない方、あるいは今後墓地をお護りできないのではないか、と考えている方も増えております。
しかし、どのように時代が変わろうとも、亡くなられた近親者やご先祖さまを敬う気持ちは少しも変わっておりません。共同墓地であっても、普通の独立墓地となんら変わることなく、常に尊厳を失わず 大切な御遺骨を責任をもってご供養する墓地、それが永代供養墓・天成廟です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~次のような方のための天成廟です~

お子さん、跡継ぎ、親戚のいない方

供養はしてもらいたいが、費用等でお墓を持つのが困難な方

供養したいお骨があるが、保管場所にお困りの方

田舎のお墓の「墓じまい」を考えている方

静かな墓苑、海が好きなご夫婦

 

♦骨壺での納骨:十三回忌まで永代供養致します(十三回忌後は合葬)

♦永代供養料、管理料、納骨時の法要込み

♦春・秋彼岸、お盆、お施餓鬼供養込み

永代供養墓 天成廟 志納金

骨壺での納骨:一躰につき二十五万円(十三回忌以降は合葬)※骨壺二躰以上の同時納骨の場合は一躰につき二十万円

合葬(お骨のみの納骨):一躰につき十万円

 

※墓誌戒名彫刻料:一霊位につき二万円

※妙輪寺の檀家となる必要はございませんが、妙輪寺檀信徒と同様に妙輪寺福祉サービスを受けることができます(無料の檀信徒用寺ヨガ教室、妙輪寺接骨院の治療費の補助、天成会館使用の割引等)

※過去の宗派は問いません。

※檀家と同じく本堂にて年回法要を日蓮宗の法式により営むことができます。

※合葬後のお骨の移動はできません。